カーテンで部屋を演出

カーテンを変えるだけで、その部屋の雰囲気は大きく変わります。多くの種類や素材があり、個性が表現されます。私達家族がマイホームを購入した際に、とても楽しかった事の一つに、カーテン選びがあります。息子の部屋と娘の部屋で、気に入った素敵な柄や色のものを、子供達それぞれが自分で決めました。方角で良い色を風水などからも参考にしました。寝室には、落ち着く色を選びました。自分達が選んだものを飾って、より自分の部屋だという実感がわき、とても嬉しかったようです。お気に入りの空間ができあがりました。カーテンだけで部屋を可愛く演出できたり、カッコ良く演出できたり、またお洒落な部屋に演出することが可能です。また、子供が大きくなった際には、違った柄や色のものを取り付けることで、雰囲気の違う部屋を手軽に演出できるのも良いです。


我が家のカーテンについてのこと

我が家のカーテンは、ギンガムチェックのブルーをリビングに選択しました。柄のあるものですので、少し悩みもしました。カーテンは、大きくて存在感のあるものですので、柄のあるものを選んでしまうと、家具等を選びにくくなると思ったからです。その不安は的中していた部分もありますが、満足している部分はたくさんあります。とてもかわいらしい柄ですので、部屋の雰囲気がとても良くなりました。可愛らしい柄を見ていると、心がなごみます。私は、カントリー調のものが好きなので、こういったギンガムチェックのものは、私の好みで購入するインテリアにとてもマッチしているのです。これから、気分によって変えることはあるかもしれませんが、インテリアの好みに合わせて商品選びをこれからもしていきたいと思っています。お気に入りを見つけたいです。


インテリアとしてのカーテン

どこの家にも当たり前のようにカーテンがありますが、実は色々な効果があります。家の中が外から丸見えになるのを防いでくれます。眩しい日差しを遮ってくれます。冬には外気が防がれ、部屋を暖かく保つ効果があります。普通のカーテンだけでなく、現在では遮音や紫外線を防ぐなど機能性を謳った商品もたくさん販売されています。また、小さい窓から大きい窓まで大きさは様々ですが、カーテンの色や模様は部屋全体のイメージに大きく影響を与えるので、インテリアとしても重要視されています。部屋をおしゃれに見せることもできますし、シックにまとめることもできます。自分らしさが出るものを選んで、自分らしい部屋作りができます。風水に関心がある人は、色や模様も風水で良いとされるものを選ぶ人もいるようです。多くの時間を過ごす部屋ですから、落ち着ける空間を作れるように慎重に選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)