お気に入りの空間を作り上げるカーテンの魅力

カーテンには、多くの役割があります。その部屋の演出をしてくれ、より魅力的な雰囲気にしてくれたり、日差しを防いでくれたり、保温効果があったり、花粉を防いでくれたり、遮音効果があったり、また外から部屋を見られないよう、目隠しの役割も果たしてくれます。店で既製品を買ったり、オーダーメイドを注文するという方法があります。先日、子供の大好きなキャラクターのカーテンを購入しました。それを取り付けると、部屋の雰囲気ががらりと変わって、とても可愛い部屋になりました。子供のお気に入りの空間へと変わり、部屋の掃除もよくするようになり、本当に購入して良かったと思っています。カーテンは、色やデザインだけではなく、その機能についても詳しく知ってから買うことも、大切です。一級遮光、二級遮光、三級遮光、防炎、防音、遮熱など、それぞれの特徴があります。


遮光カーテンの光漏れを防ぐには

夏の朝は、太陽光のまぶしさで目覚めてしまうことってよくありますよね。特に休日の朝などはゆっくり起きたいと思っていても眩しくて目覚めてしまうこととか‥。そういう時は、窓側のカーテンを遮光性を持ったものにするのがお勧めです。遮光性能には1級から3級のまでの等級があり、それぞれ部屋の中が、1級は人の顔が認識できないくらい、2級は人の顔、表情が分かるくらい、3級が人の表情はわかるが、何かしようとするのは難しい、くらいの暗さになります。眠りから覚めない程度に朝日を遮りたい場合は、1級遮光が良いと言われます。でも、実際には、窓際につけてみると意外と光が漏れるのが分かります。カーテンレールの所の両側の隙間や閉じた時の中央の隙間から結構、光が漏れてしまうのです。この光漏れは、窓に対してサイズを少し大きくして、上の部分を天井により近づけたり、中央の部分を交差させたり、左右の部分を窓側に巻き込ませたりして光を遮断すれば、かなり効果があるでしょう。いろいろ試してみればきっと自分の部屋にあった使い方が見つかるはずです。


日差しを遮ってくれる大切なカーテン

夏などの暑い時期になると、少しでも日差しを遮る事ができれば、それだけ室温上昇を防ぐ事ができるので、冷房などを節約する事ができます。近年のカーテンは日差しの遮断能力が格段に向上しており、インテリアとして使用するだけではなく、このように無駄な日差しもしっかりと遮ってくれます。購入時にもどのくらいの日差しを遮断してくれるのか確認する事ができるので、購入前に確認するようにしてください。これによって多少は室温上昇を防ぐ事ができ、室内での熱中症を防ぐ事ができます。カーテンはそこまで高い金額で販売されている訳ではありません。遮断機能が高いカーテンに変える事によって、これまで暑苦しかった部屋も通常の部屋に戻す事ができる場合もあります。実際に日差しの遮断機能を高い物を使用している家庭も多く、少しでも室温上昇を防ぎたい方が使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)